スポンサードリンク

2009年06月23日

トランスフォーマーリベンジ

先日、ブルーレイでトランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディションを見たので
早速、昨日は劇場でリベンジを見てきました。

平日、昼間なのに、そこそこお客が入っていて
ターミネーター4よりも人気がある感じ。

やっぱりターミネーターはもう賞味期限切れ?

で、トランスフォーマーリベンジ、
リベンジっていうくらいですから
基本は、ディセプティコンの逆襲です。

勝利の鍵を握るオプティマス・プライムが命を絶たれ
どうなるの? とはらはらします。

はらはら、というかイライラするのが
大学生になったサム・ウィトウィッキー(シャイア・ラブーフ)です。

オートボットから離れ、普通の大学生活を楽しもうとするのですが
そういう「甘っちょろい」認識だから
周りの人(オートボット)がたいへんです。



ちょうどアムロやエヴァのシンちゃんみたいです。

「早く己の使命に覚醒せよ!」

と言ってやりたくなります。

恋人役のミカエラ・ベインズ(ミーガン・フォックス)
とてもよいです。

汗まみれになって走り回る時のバストの揺れがたまりません。
もう一回みたいです♪
2008年には「世界で最もセクシーな女性」の1位にも選ばれてますが
120%、納得です。




それにしても、またまた舞台はエジプト、ピラミッドです。

アメリカ映画はピラミッド好きだなと思います。
200年ちょっとしか国史のない国の
数千年の歴史への憧れなのでしょうか。
posted by ドラマン at 10:38 | 海外映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。