スポンサードリンク

2009年03月15日

ありふれた奇跡 あらすじ

「ありふれた奇跡」は、フジテレビ系列の連続ドラマです。
主演は、仲間由起恵、加瀬亮で、その他出演陣も、八千草薫、岸辺一徳、戸田恵子、井川比佐志、風間杜夫、陣内孝則と豪華な顔ぶれが揃っています。脚本は、山田太一です。
主題歌はエンヤの歌う『Dreams Are More Precious(邦題:ありふれた奇跡)』です。

エンヤ/雪と氷の旋律

「ありふれた奇跡」は、中城加奈(仲間由起恵)と田崎翔太(加瀬亮)の恋を軸にストーリーが展開されます。
偶然、二人が、藤本誠(陣内孝則)の飛び込み自殺を引き止めたことをきっかけに交際が始まりました。

そして、加奈も翔太も、自殺しようとした過去があることも明らかになります。
う〜ん、自殺歴のある人同士が出会う、というのも確率的には「奇跡」的??

さて、加奈は自分が子どもを産めないことを理由に、翔太の求愛を断り続けます。
田崎家の方は、どちらかというと、加奈に対して好意的♪
けれど、加奈の事情を知らない中城家は、翔太に問題ありとして、二人の結婚を認めようとしません。

そして、誠は、二人のキューピット役を買って出ますが、空回りの連続というわけです。

結局、何ら進展がないまま最終回に突入します。

誠に呼び出された加奈と亮は、見知らぬ若い女性(末永遥)に赤ん坊を押し付けられ、加奈の腕には、身元不明の赤ん坊が残されてしまいます…。

という感じですが、「ありふれた奇跡」は、加奈と亮の恋を中心に、双方の家庭の裏の姿も浮き彫りにしていきます。
中城家(八千草薫、岸辺一徳、戸田恵子)は、エリート意識を丸出しで、亮を見下す態度を取りますが、家族の心はばらばらです。
一方、田崎家(井川比佐志、風間杜夫)は、男所帯であるものの、下町らしい暖かさに包まれています。
そのへんのコントラストもステレオタイプといえばそうですけれども、まあ、ドラマの重要な舞台設定ですよね。

ともあれ、「ありふれた奇跡」は、見ると、日常の生活にいくつもある小さな奇跡に気付けば希望が見出せるという奇跡を起こしてくれる…ということでしょう。
そのへんの味わいは山田太一のお家芸という感じもします。

ありふれた奇跡オリジナルサウンドトラックCD→

ありふれた奇跡 オリジナル・サウンドトラック


視聴率的には10パーセントそこそこの推移。
この前クールのドラマ「風のガーデン」と比べるとちょっと低い気もしますが、ある意味では「日常的」というか地味なストーリー。
これも山田太一的なところでしょうか…。
posted by ドラマン at 19:33 | 国内ドラマ・あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。