スポンサードリンク

2009年03月01日

天地人 謙信死す…あらすじ

天地人…第9回、今回は上杉謙信が亡くなってしまいます。
戦国の雄、越後の龍、軍神…いろいろな呼び名で称される上杉謙信。
ドラマでも龍が描かれた羽織を着ていました。
さて、その死因は諸説あります。
有力なのがお酒の飲み過ぎや梅干しによる塩分の摂りすぎが原因で脳溢血になったからだとされてますね。
ドラマ「天地人」でもいちおうその説にのっとったストーリー。
上杉謙信を演じる阿部寛の出番もこれで最後なのですね(回想シーンなどをのぞけば)。


阿部寛/大帝の剣
上杉謙信が死んでしまいますが、このドラマにあっては、彼は「脇役」。
主役は…直江兼続ですからね。

この根付け、かわいいでしょ。
 ↓



で、直江兼続が仕えるのが上杉景勝。
今回は、謙信の死によって、景勝が跡目を継ぐのか、それとも景虎が継ぐのかで問題が発生するというあらすじ。

ここで謙信の遺言状があれば問題ないのですが、実は…そんなものありません。
でも、それでは上杉家が大混乱に陥ります。
「景勝派」VS「景虎派」の内乱の危機を抑えたのが、常盤和子演じるお仙の母、妙椿尼(萬田久子)。

「謙信は景勝を後継者に指名した」

ウソをついてしまうのです。

このウソのおかげでお家騒動はおさまったわけですが、その真実をあとで聞かされるのが直江兼続です。

遺言はウソ…

それを知った直江兼続はおおいに動揺しますが、「家」を守るため、そのウソを真実とすることを決意する…

第9話のあらすじはこんな感じでした。

さて視聴率ですが、前回=第8回は23.1パーセントでした。
今回の視聴率はどのくらいいったでしょうか??



天地人(前編)
posted by ドラマン at 21:02 | 国内ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。