スポンサードリンク

2009年02月25日

銭ゲバ主題歌はかりゆし58

松山ケンイチ主演で1月から日本テレビ系列で始まった連続ドラマ『銭ゲバ』。
原作はジョージ秋山の漫画『銭ゲバ』です。
発売当時…1970年代に、まさに一世を風靡した「衝撃の問題作」の実写化ということでこれまた話題に…。
その銭ゲバのオリジナルサウンドトラック版のCDには、原作のジョージ秋山のマンガが使われています。

銭ゲバ オリジナル・サウンドトラック
原作のマンガ「銭ゲバ」は、いわば高度成長&拝金主義にたいする乱暴な警鐘のようにして描かれたと論評されたことがあります。
そのような問題作となった原作を、「カメレオン俳優」との呼び声も高い松山ケンイチが演じるのですから、初回から衝撃度全開でした。

主人公は、幼くして貧困のため母を亡くし、金がすべて、と思い込み、ついには殺人までも犯してしまいます。
それを松山ケンイチが鬼気迫る演技で、時にクールに、時に怪しく表現しています。
あまりあらすじを書くとネタバレになってしまいますが、最後のストーリーが先に知りたいならば、「銭ゲバ(下)」を読めば結末がわかります。



さて、このドラマ『銭ゲバ』の主題歌は『さよなら』という曲。
それを歌っているのが、沖縄出身のロックバンド、かりゆし58です。
さよなら / かりゆし58

かりゆし58は、テレビ番組『誰も知らない泣ける歌』の初回スペシャルの大トリで、不良だった自らの過去を公開。
名曲『アンマー』を熱唱して、一躍世間の注目を集めました。
かりゆし58/アンマー

そんな彼らはこの曲=「さよなら」を、あえてドラマの闇に合わせることなく仕上げているようです。
まるで、「銭ゲバ」が描くその闇に対するアンサーソングのような、さわやかな主題歌に仕立て上げてきました。
要注目の一曲です。

…にしても、松山ケンイチ、今回の顔はすごいですね。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090210-00000947-bark-musi
posted by ドラマン at 21:55 | 主題歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。